夢のステージを組み立てる

企業の経営ステージはどのように組み立てて行くか

企業は経営するのに必ず数年先を見据えた目標を立てておく必要がありますが、その時にはどのようなステージを考えていくのかが重要になってきます。

段階を踏んでいくことが会社の成長のための一番の近道となるので、最善の行動をするためにはどのような手順を行い社員に対して指示をしていけばよいのかを考えることが大事です。欧米の企業によくある経営者の権限が強く、社員はその指示通りに動くだけという仕組みで企業活動を続けるのも良いですが、その場合には不満を持った社員が離脱してしまったり、優秀な人材が引き抜かれることもあります。

日本型経営の社員一丸となって事業の目標に向かって頑張っていくという方法は、チーム力が求められるので、社員に対して協調性が求められますが、一方で団結することでコミュニケーションも頻繁にできるので、風通しの良い組織となります。ベンチャーのような社風で従業員一人一人にそれぞれ強い権限を与えられている場合には、ケースによっては大きく成長することもありますが、意見の食い違いなどから社員同士で強く衝突することもあります。

モデルケースとする運営方法を一つの方法だけに絞り込むのではなく、色々な手法の良い所を取り入れていき、改善点については改善して取り入れることが一番です。ステージには初期の段階と成長して拡大期の段階があるので、ステージが変わったとしても臆することなく経営目標を立てていくことが経営戦略では大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *