Skip to content

毎年お祭りでステージを設営するなら

毎年行われる身近なイベントといえば、やっぱり夏祭りなどのお祭りですね。

盆踊りなどでは、特設ステージがセットされたりとステージを設営する場面は多いとおもいます。

ここではそんな毎年お祭りでステージを設営するならこうした方がよりもっとお得というステージ設営の節約術を紹介していきます。

町内会のお祭りなど、定期的に行われる祭りはステージを自分で設営した方がむしろお得?町内会などのお祭りでは、今年は特別に場所が変わったり、規模が大きくなったり、予算が大幅に増えるといったことはほとんどないと思います。

そこで毎年同じ規格のステージを施工業者に借りて設営まで全部行ってもらうということはあまりリーズナブルではないかもしれないのです。

理由としては借り入れする施工業者の設備と設営の諸々の作業費が毎年依頼すると結構な額になってしまうからです。

毎年、年に複数回依頼するのであれば、自前のステージを購入して自分たちで立てる方が、将来的に元も取れて毎年の設営費が0円でステージを設営できます。町内会であれば、町の工務店や、建設会社の方々も協力してくれたりということがあるので、設営も心配いりません。

ステージの設営は実のところ非常に簡単で、工具などは一切使わない手作業による組み立てです。テントを立てるのと似たような作業要領で組み立てられるので、全くの素人でも安心です。興味のある方はこの機会に是非、購入をご検討ください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です