夢のステージを組み立てる

ステージ設営は自分でやった方がお得

ステージ設営は業者に頼むよりも自分で設営した方がお得かもしてないことを知っていますか?

ここではステージ設営を自分で行うことがお得なケースはどういったケースかについて紹介していきます。

ステージ設営を自分でやると安くなるその仕組みとは?ステージ設営をするケースにもよりますが、個人でコンサートやライブをオンステージで行うことはまずないですし、大掛かりなステージを建てる必要もないでしょう。

大抵の場合、学校や企業や自治体が協賛でイベントを企画し、そこから団体やチームや個人に依頼や募集をかけます。

ステージをレンタルするにしろ購入するにしろそれらの予算はイベントの運営側の負担です。

ステージ設営はそのためBtoBの企業と業者のやりとりになります。企業や運営側には予算があるので、なるべくお金のかからない運営がベストです。ステージの設営を自分たちで行えればレンタルでステージを設営するよりも繰り返し毎年行うイベントであれば、購入して運営スタッフ側で設営してしまった方が購入した翌年からお金がかからないので初期費用も数年後には取り戻せます。企業が独独自で行うイベントであればより自社専用のステージを購入してしまった方がお得です。

100万円のステージ購入は企業にとっても負担が大きいですが、イベントで毎回レンタルすることを考えると購入がお勧めです。協賛のイベントでも貸し出しという形で利益を出す機会も得ることができますし、企業内のイベントでもいつでも気軽にステージを利用することができます。購入することでメリットはたくさんあります。是非この機会に便利なステージ購入を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です