Skip to content

シンプルな組み立て方が魅力のステージ

ステージを設営するとなると専門業者の力を借りて、専門のスタッフに対応してもらわなければならないと思いがちですが、決してそんなことはありません。

専門業者に依頼をすることは間違いないのですが、組み立てに関しては自分たちでできるタイプのステージの組み立てがありますので、専門スタッフの手を借りなくても設営することができるのです。

具体的な組み立て方ですが、まずは脚部を広げることから始めます。これは2人で両側を持って引っ張っていけば簡単にできます。伸びきるまで広げたら、次はこの上に天板を載せますがこれは結構重さがありますので、ケガに気をつけて作業しましょう。天板と脚部を連結させたら、あとは固定していくだけです。

固定する時には付属の六角レンチを使って行いますが、単純な作業ですから難しいということはまったくないです。短時間ですぐに組み立てられますので非常に便利です。ちなみに、このステージはレンタルをして利用できるのですが、レンタル日数の融通が利くのが大きな魅力です。

短期間の場合は3日間というプランがあります。もう少し長く借りたい人もいるでしょうが、1週間や2週間借りることもできますし1ヶ月借りておくことも可能です。追加でもう1ヶ月レンタルすることもできるのが便利なところですが、その際に単純に倍の料金がかかるのではなく、追加分の料金は安く設定されているのが注目ポイントです。2週間借りる場合も同様で、1週間の料金の倍ではなくお得な料金設定となっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *