Skip to content

ステージを組み立てる時の注意点

普段はステージがない場所にイベント等で急遽設営したい場合はレンタルをして自分達で組み立てたり、レンタル会社に依頼して用意してもらう事ができます。

レンタルで借りて自分達で設営する方が費用は安くなりますが、作業自体を自ら行うので安全には充分配慮しないといけません。作業を行う際の作業員の安全は当然ですが、設営したステージで顧客招いてイベントを行うのならば使用時に何らかの不具合が出ないように正しい方法で設営しないといけません。まず作業に怪我がないように作業を行う時は軍手を必ず着用して肌が露出しないように長袖と長ズボンを着用するべきです。

履く物も作業中に重量のある物を落とす可能性があるので、裸足や草履ではなく安全靴もしくは作業に適した靴を履くと良いです。万が一落下物があった時の為に作業員全員にヘルメットの着用を義務付ける事と高所で作業する時は安全帯を必ずつけなくてはいけません。高所で組み立て作業をする時はその下に人がいると落下物の被害に遭う危険性もあるので、管理側で作業中はその下に人が出入りしないように指導するべきです。

ステージの組み立てが正しく行われていないと使用中に重大な事故が発生する可能性があります。重大な事故を引き起こさない為にも作業前に監督者を含めて全ての作業員が正しい設営の方法について把握する事も大切です。また正しく作業を行えているか確認する時は特定の人だけでなく、複数の人で確認作業を行うべきです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *