Skip to content

簡単な方法でできるステージの組み立て

イベントなどでステージに音響セットを設置する必要が出た際に、自分で簡単に設置することができるステージシステムが存在しています。

それは組み立て式になっており、持ち運ぶ際にもコンパクトで場所を取らないと話題を集めているのです。

どのようなシーンにも対応することができるよう、様々なプラットホーム形状とライザーと呼ばれる脚が取り揃えられています。

専用の収納ケースもあり、運搬に便利だと人気となっています。ステージは最大2段まで重ねて使用することができ、複数を水平に連結することもできるため、大規模から小規模まであらゆるパターンを作り上げることを可能とします。

ライザー部分は折りたたみ式になっており、広げた上に天板を乗せ、天板の隅を4ヶ所固定するだけという簡単な方法で組み立てることができます。作業に慣れていない人でもあっという間にステージを組み立てることができ、用途に応じて様々なパターンを実現させます。

ライザーは驚くほど軽量であり、力の弱い女性でも簡単に持ち運ぶことができます。専用の収納ケースを利用すれば、天板とライザーをまとめてコンパクトに収納することが可能です。

天板の形も豊富なラインナップを誇っており、四角だけではなく三角や円形といったものがあり、円形やランウェイのステージを作ることが可能となります。長さの異なるライザーを使用すれば階段にもなり、組み立て式のステージシステムを活用することで、希望通りのセットを作り上げることが現実になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です