Skip to content

ステージの組み立てが必要な場合

企業や団体などでイベントを行うにあたり、多くの来場者や観客に対して注目を集めようとする場合、必ず必要となるのがステージです。

屋内では備え付けてある場所が比較的多いのですが、一部の屋内や、特に屋外でのイベントとなると備えつけてある場所は多くなく、自分たちでステージを用意し組み立てなければならない場面もでてきます。

長期的に備え付けて使用する場合は、業者に入ってしっかりしたステージを設営する方が良いでしょう。

しかしながら、多くの場合、短期間での一度きりの使用であったり、終了後、すぐに撤収を求められます。ステージセットを自前でもっている企業や団体は少ないため、あるものを利用したり、材料をそろえるところから行うことになります。

例えば、学校であれば、机や教壇を並べて、段ボールやブルーシート、厚手の布をかぶせてステージを組み立てることができます。それ以外であれば、ビールケースを並べて、その上にべニア板やコンパネを敷いてつくることができます。

もし、上部が動くようであれば、針金をつかってビールケースに結びつければよいでしょう。基本的には必要な広さの板(のようなもの)と高さをだすための頑丈な支えがあればよいと考えれば、代用できるものは他にもあると思います。

車などの輸送手段があれば資材が多くても問題ないのですが、そうした輸送手段がない場合はレンタルという方法もあります。

比較的安価で、工具などを必要としないで簡単に組み立てるものもありますので、資材を調達する手間や当日、工具などを使って組み立てる自信がない場合は有効な方法の一つとなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *