Skip to content

色々なプランがあるステージの組み立て作業

ステージの組み立て作業というのは非常に奥が深く、簡易的に組み立てる他に凝った方法もあります。

工夫を凝らすことによって会場との相性が良いステージの組み立てることが可能なため、ステージそのものを確認するだけではなくオプションの内容を充分にチェックしておくのが良い方法です。なぜかというと、このようなサービスは案外様々な種類のプランが用意されているからというのが理由になります。選ぶプランによってステージの大きさが異なるため、奥行や高さ、幅を充分に確認して選ぶことが重要です。

オプションサービスも豊富ですが、そのサービス1つとして挙げられるのが脚部に装着するスパイクになります。このスパイクは一般的な会場では利用する機会がありませんが、ステージを砂浜のように地盤が安定しない場所に組み立てる場合に便利です。スパイクを装着することによって安定するため安全性が高まります。他にカメラマン向けの台も用意されています。この台は、およそ80cmぐらいの高さがありカメラマンが乗ると普段よりも高い場所から撮影することが可能になるというのが良い所です。

台は80cmの高さですが、カメラを構える位置は2mぐらいに達するため高い位置から撮影することが出来るようになります。地上からだと撮影できないアングルでイベントの様子を撮影することが可能なので見栄えが良い映像を撮影可能です。荷重に対する耐久性が優れているというのも注目すべきポイントになります。特別な技術や知識がなくても組み立てられるステージでも、約900kg程の荷重に耐えることができるため非常に使いやすいです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *