FXのリスクとスキャルピングトレード

トレーダーがFXで取り引きを行うと、多かれ少なかれ、リスクを背負うことになります。そしてそのリスクを背負っている時間とは、当然のことながら取り引き開始から終了までの時間帯となります。



ですから取り引き開始から終了までの時間が長いほど、リスクにさらされる時間が長くなって危険だと考えることが出来るでしょう。逆に買ってすぐに売るような短時間の取り引きほど、リスクは小さいとも考えられるのです。



このことは、特に高いレバレッジをかけて取り引きをしている時ほど実感することではないかと思われます。

話題になっている教えて!gooの情報といえばココです。

それゆえにFXで高いレバレッジをかける時でも、スキャルピングトレードならば、意外にリスクが小さい取り引きが出来るという結論になります。最近の取り引きは、売買システムも以前よりも非常に進歩して高性能になりましたので、高速での取り引きも当たり前のように行われるようになりました。

ですからトレーダーの中には、リスクを背負う時間を数秒から数分くらいに設定して、何度も売買を繰り返すスキャルピングトレーダーもいるのです。

このスキャルピングトレードを見ても分かるように、レバレッジと上手に付き合っていくためには、リスクを背負う時間とレバレッジ倍率のバランス感覚も大切です。このバランス感覚がしっかりしているFXトレーダーこそは、リスクコントロールがしっかりしているトレーダーだと言えるでしょう。
トレーダーはリスクをコントロールしてこそ、安定的な利益を手に入れることが出来るのです。