FXのテクニカル指標について

FXを取引する場合、まずチャートから入るのが一般的です。
チャートがなければ、海図を持たない船の航海のようで、どこに行くかわかりません。



チャートはローソク足の伸縮で値動きを表し、陽線、陰線、上ひげ、下ひげ、トンボ、カラカサなどと呼ばれる、形の違うローソク足で形成されています。
それに加えてテクニカル指標もチャートを補助する重要アイテムでこれらを組み合わせて、次の値動きを予想し世界のトレーダーの皆さんは、FXの取引をしているのです。

テクニカル指標にはトレンド系とオシレーター系があり、トレンド系は相場が次にどう動くかの方向性を表し、移動平均線やボリンジャーバンドなどがあります。



オシレーター系は買われ過ぎ、売られ過ぎの相場が反転するタイミングの判断材料でサイコロジカルやRSIなどがあります。


FXも株も、チャートやテクニカル指標は基本的には同じものです。

他にも難しいテクニカル指標はありますが、チャートやテクニカル指標は万全なものではなく、チャートやテクニカル指標の分析家や研究家になってしまっては、本末転倒で儲けることはできません。

これらを駆使しても逆方向に相場が動くことも多々あるのです。

あなたのご要望に応えるNAVERまとめの情報といえばココです。

チャートやテクニカル指標は理解しておく必要はありますが、あくまで参考にする程度で、自分の取引ルールを探し出して、取引した方が良いかもしれません。


FXの相場はひねくれた動きをして、だましの場面もたくさんあり難しいものですから、メンタルを強く持って取引をしなければなりません。