FXでは為替相場と経済の関係について理解しよう

FXでは為替相場の変動を利用して取引を行いますが、その為替相場は経済と非常に密接な関係にあります。

例えば、円高になった場合は円の価値が上がるという事であり、消費者にとっては海外旅行をする時の費用が安くなり、その他にも海外の製品を輸入する際の費用が安くなるので輸入業者にとってもありがたい事になります。


一方で輸出業者にとっては円高は大変な事であり、日本の製品が他と比べて相対的に高くなってしまいます。

製品の価格が高くなってしまうと他の安い製品に消費者の多くは流れてしまうので企業としては大打撃であり、他の製品と価格で勝負するためにもコスト削減を迫られたり、業績が悪化する事で給料が下がったりリストラなどという事も考えられます。

このように為替相場の変動は単に価値が変動するだけという単純なものでは無く経済と密接な関係にあるので、政府の対応などのちょっとした出来事でも敏感に反応しています。

こだわりの高いlivedoorニュースの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

そのためにFXをするのであれば経済情報について集める事は非常に大切な事であり、グローバル化が進んでインターネットで手軽に海外の情報を手に入れる事が出来るとは言っても、日本人ならば日本が関係する情報が一番入手しやすいので、取引をするのであれば円をベースにするのが基本となります。



海外ではアメリカや欧州の情報が比較的入手が容易であり、取引量も多いなどといった理由があるので、FXでは円とそれらの通貨を組み合わせて取引をする人が大半です。



マイナーな通貨の取引にもメリットはあるのですが、情報の入手が限られるなどといったデメリットも大きいので、初心者は避けておいた方が良いです。